Tuesday, September 16, 2014

Lately...



皆さんご無沙汰しています。(Facebookのページは毎週更新中です)気づいたら夏も終わりすっかり9月中旬になってしまいましたね!今年も残り4ヶ月。1月から始まった僕のシーズンも残り2ヶ月となっています。

8月のShonan Chigasaki Proを終えてしばらくレースはお預け。10月カリフォルニアで開催される世界最高級のSUPレース、"Battle of the Paddle"とハワイで開催されるOC-6 (6人乗りアウトリガーカヌー)"Molokai Hoe"の為、練習に専念しています。

Battle of the Paddleは今年が初めて。初日はまだ経験が浅くどっちかというと苦手としている "Surf Race"です。波が割れているラインアップをイン&アウトする日本ではあまり体験出来ないレースです。そして2日目は10マイル(約16km)のレース。このレースは14フィートでのレースになり初日と比べると漕力が試されるレースです。

今年はとにかく世界の壁を肌で感じ、来年以降に活かしたいと思います。もちろん出るからには結果を残したいので今まで以上に練習の質を上げています。

茅ケ崎のレースを終えて1ヶ月経ちレースばかりに出るのでは無く、練習に専念する時期の重要性を改めて感じました。


おかげでフォームを改善し以前と比べると漕ぎの質をあげることができました。自分の漕ぎに満足せず常に上を追求し改善することは大切だと思います。そして練習メニューもしっかりこなしスピードも着々と上がっています。SICのX12Proの走らせ方も以前よりも身に付いてきました。一つおしいと言えば波が無いのでイン&アウトの練習ができないことです。(漕ぎ方を改善したい方、練習方法を知りたい方は http://www.kokuasup.com まで)


そして10月の2週目にはOcean Outrigger Canoe Clubの皆と一緒に出場します。今年で3年目になりますが今年のメンバー達は今までと比べると成熟していて調和がとれています。皆のことを思い、自分の為でなく皆の為に漕ぐ。毎年思いますがOC-6を漕ぐのは本当に楽しいです。OC-1やSUPでは味わえない仲間と調和する気持ち。200kg以上のカヌーを6人力を合わせ人力で進めること。他のウォーター・クラフトと違い荒れていても漕ぎ手の力がありお互いの為に漕ぐという気持ちになれればどこまでも漕いで行けます。乗ったこと無い方は是非一度漕いでみてください。もちろんアウトリガーカヌーを漕ぐことでSUPも確実に漕げるようになります。(僕がコーチしているOcean Outrigger Canoe Clubのリンクhttp://www.oceanaloha.com)



Photos by ADMWLKR

話は変わりますがOn the Board最新号にSICのかっこいい広告が出ています。皆さん機会があればCheck it out!

日本出発まで後2週間!悔いが残らないようにがんばります!

Paddle with Aloha,
Kenny

Wednesday, September 3, 2014

「湘南茅ケ崎プロ」テレビ放送決定!



『WATERMAN LEAGUE CHALLENGE SERIES 湘南茅ヶ崎プロ』
の特別番組が今週日曜日(9月7日)日テレG+にて放送されます!
そしてこの日は普段有料の日テレG+無料の日!
テレビのリモコンの「CS」ボタンを押して【257】chに合わせてください。


僕も選手として出演します。

■番組名 :『スタンダップ・パドルボード湘南茅ヶ崎』
■初回放送: 9月7日(日) 20:00~21:30  ※再放送あり

詳しくは日テレG+公式HPをご覧ください
http://www.ntv.co.jp/G/others/sup/

Sunday, August 31, 2014

KIALOA



アウトリガーカヌーを漕いでいる人で「KIALOA」という名前を聞いたことが無い人はほとんどいないと思います。長年漕いでいる人はパドル・ライフのどこかで一度は使ったことがあるだろうと言えるぐらいクオリティーの高いパドルを作るパドルブランドです。

アウトリガーカヌー界のレジェンドであるFoti Brothers (JimとJohn)を始め数多くのトップチームとパドラー達に愛用されています。SUPではGerry Lopezも。



先月Salt Lake CityのOutdoor Retailerに行った際にKialoaのCEOでありパドルデザイナーのDaveとMeg Chunに会いました。面識はありましたがしっかり話すのは初めて。二人とも90年代にLanikai Canoe Clubで漕いでいたパドラーで今はKialoaの本社があるオレゴン州に住んでいます。今年のOC-1のMolokai Soloの結果などで僕のことは知っていたらしく色々と話しているうちにKialoaの「Elele」(アンバサダー)にならないかと誘ってくれました。

個人的にはKialoaのブレードのフィロソフィーは凄く好きです。他ブランドの真似をせず自分たちの哲学を持ちパドル造をしています。DaveとEleleのGerry Lopezが製品開発を一緒にしています。実際日本に一本持って帰り使ったら今までに無い感覚で漕げたので速攻Daveに連絡して契約することにしました。

パドラーにとってパドルはなによりも大切です。パドルは身体の一部として水と自分を唯一繋げてくれる道具だからです。今マーケティング戦略として沢山のトップ選手をライダーとして抱えているパドルブランドのようにSUP界ではそこまでメジャーではありませんがKIALOAは歴史と実績を数多くのパドルスポーツで持っています。物は最高級なので今後必ず普及するでしょう。

2015モデルのアウトリガーとSUPのパドルもコンセプトが新しく最高です。確実に自分のレベルを上げてくれると思うのでシーズン終盤に向けてまたレベルアップするのが楽しみです。


KIALOA HOMEPAGE

Paddle with Aloha,
Kenny


Thursday, August 21, 2014

KOKUA SUP RACING ACADEMY




お知らせです。

9月からKokua SUP Racing Academyを開催致します。
どのような練習をしていいか分からない。練習していてもある一定のスピードより上達できない。このような悩みを抱えているパドラーは多いと思います。

速くならない理由は2つあります。漕ぎのテクニックの改善が必要。そして練習の質を上げる必要があるからです。

Kokua SUP Racing Academyでは皆さんがよりいい質の練習ができるような内容の練習会を開きます。練習の質さえ上がれば必ず速くなれます。

この練習会では練習メニューだけでなく体のケア、エネルギー補給、クロストレーニングなど様々なインフォメーションを提供します。

完全予約制の練習会となります。レースに参加するよりも為になる内容です。

僕が長年自分の練習メニューを組み立てる上で学んできた知識を皆さんに提供致します。

詳しい情報はこちらから

*練習会ではフォームやテクニックについてはコーチングしません。漕ぎ方の改善をお求めの方はPaddle Clinicをご覧下さい。


Monday, August 18, 2014

Shonan Chigasaki Pro



今週末はスタンドアップワールドシリーズの世界戦、湘南茅ケ崎プロが茅ケ崎のヘッドランドで開催されました。

スプリントレース決勝。オレンジは海外選手。黄色は国内選手

日本で初めて世界基準の大会が開催され、海外のトップ選手も数多く来日。初日は日本では馴染みないがかなりエキサイティングなスプリントレース。そして2日目は10kmのディスタンスレースが開催されました。

初日のスプリントレースは今までSUPのレースをしてきた中で一番ハードなコンディションでした。風速20ノット+吹いていて波打ち際ではサーフィンできるぐらいの風波が割れていました。コースはスタートして3ターンあるコース。なんとか決勝まで残ることができましたが決勝では最初のブイに行く途中で落水し満足できない結果になりました。



2日目のディスタンスレースも強風。20ノット近くの風が吹く中過酷なレースとなりました。自分のレースを振り返ると普段国内のレースだとスタートから引っ張る側なのに今回は追う側になったため焦りが出てしまいました。最初のブイまで行く間に前腕に乳酸が溜まりパンパンに張ってしまいました。前腕が張っていて本来の漕ぎが出来ないので最初の2周はあまりウネリに板を乗せることも出来ず海外選手には離され、TomoさんとRyoheiさんにも徐々に離されてしまいました。

2周目を終えた時に腕の張りからやっと解放され本来の漕ぎをすることが出来ました。最後はなんとか巻き返し7位。国内選手1位となりましたが海外選手との差を思い知らされました。

スプリントレースは海外選手と国内選手の差が明らかに出ました。一番目立つのがスタートのランから漕ぎ出しまでのスピード。そして荒波、割れている波の中ブイをいかに上手く回るかです。普段からこの形式のレースをしている海外のトップ選手と差がでる一番の理由はここだと思います。個人的には慣れていない形式のレースで気づかないうちに遠慮と躊躇をしていました。スタートやターンもまだまだ練習が足りません。そして技術だけでなく気持ちの問題だとも感じました。ターンで落ちるかも。スタートで遅れないかという心配がある中レースしていたら戦えるはずありません。

この不安を無くす為にはとにかく練習する必要があります。今は差がありますが死ぬほど練習すれば自信に繋がり海外の選手とも戦えると思います。


ディスタンスレースは個人的に入賞を狙っていたため残念な結果となりました。これが自分の実力です。漕ぎが上手いや速いなどとは別に海外の選手は安定していました。最初から最後まで自分自身のレース運びを崩すこと無く素晴らしいレースをしていました。自分は経験不足です。これが自分の今の実力です。ただ今後世界の舞台で戦い経験を積めば少しずつ差を縮めることができることだと思います。

主催者の皆さん、ボランティアの皆さん。このような素晴らしい大会を日本に持ってくることはもの凄く大変だったと思います。本当にありがとうございます。感謝の気持ちでいっぱいです。今までカヌーのレースを入れたら沢山のレースに参戦させて頂きましたが選手達がここまで気持ちよく漕げるレースは初めてでした。最高の舞台を用意して頂きありがとうございます。


そして応援してくれた皆様。皆さんのお陰で自分は頑張ることができました。レース中も励ましてもらいました。今後も皆さんの期待に応えられるよう頑張ります。本当にありがとうございました!

今回の大会を終えて今後自分がやらなきゃいけないことが明確になりました。目標は今までと変わらず世界一。日本人でも戦えることを世界中の人々に知ってもらいたいです。


そして来年この大会に出場する時には表彰代に立ちます。それが応援してくれている皆さん、主催者の皆さん、そして日本のパドラーの皆さんへの恩返です。

また一から。ここからがスタートです。ワクワクします。

MAHALO NUI LOA!
Kenny


Thank you to my sponsors: SIC Maui, Patagonia, Right Ebisu Cycle and Bikes, 2XU, Teva, SPY OPTICS, OnitPro, zen nutrition, Shotz










Saturday, August 9, 2014

USA Trip



Instagram @kennykaneko121

現在アメリカ→日本行きの機内の中から今回のトリップについて振り返っています。最初の数日間はSICのオフィスがあるSan Clementeでトレーニングとミーティング。有名のダナ・ポイント・ハーバーでのトレーニングは最高でした。この場所は朝から晩までパドラーが集まりレーサーだけでなくクルージングしているパドラーも沢山。多いときはマリーナに100人以上のパドラーが集まっています。日本もいつか、このようになってくれたらなと思います。

San Clementeは世界的に人気なSUPブランドの本社が5社以上あります。カリフォルニアは地元ブランドのSIC, RivieraとInfinityが圧倒的に多かったです。世界的にもこの3社は勢いに乗ってると雑誌の編集長から聞きました。


On my way home on the airplane from my 10 day trip in the US. First couple days of training and meetings at the SIC office turned out to be an epic time. It had been 7 years since I stepped foot on the mainland so it was exciting. 

It was my first time paddling out from the famous “Dana Point Harbor” and it was awesome. I really felt that San Clemente and Dana Point is the Mecca of SUP. The amount of people that train for races and that paddle recreationally was astounding. There were paddlers on the water from sunrise to sunset. I hope that one day this happens in Japan too. 

@admwlkr

San Clementeでの数日間を終えた後はアメリカ時代のベストフレンドのアダムと再会。僕を子供の頃からかわいがってくれていたAdamの親にも会えたので本当に良かったです。

After spending an awesome week in San Clemente, I got to spend a day with Adam, who is my best friend growing up. It was great seeing his mom and dad who I consider as my family. Mahalo for the hospitality. 

そこからはOutdoor Retailerという北米で一番大きいアウトドアの展示会の為にUtah州へ向かいSICクルーと合流。世界のトップパドラーでありSICのグローバルライダーのLivioやLina。そしてカナダの国境からメキシコの国境までSICのF16で漕いだWill。他にもSICのスタッフとセールスレップたちと朝から晩まで楽しい時間を過ごしました。

From there, I headed over to the Utah for Outdoor Retailer and met up with the whole SIC crew.   Team riders Livio and Lina who are one of the best paddlers in the world. It was also great meeting Will who paddled from the border of Canada all the way  to Mexico in 2 months on the SIC F16. That is 1400 miles of paddling. His voyage amazed and inspired me for future outrigger voyages and maybe SUP expeditions here in Japan. And the SIC staff and sales reps made for non stop fun the whole trip!
ELEVATION 1400M
OPEN WATER DEMO

初日に行われた試乗会「Open Water Demo」はかなり盛り上がっていました。大きい湖で30社以上がSUPやカヤックの試乗会。100人以上のパドラーたちが沢山のブランドの板を試乗していました。日本でもいつかこのような試乗会ができるといいなと思いました。


The open water demo that took place in Huntsville, Utah was crazy. I had never seen so many paddlers out demo-ing boards like that. Hopefully one day we can have open water demos like that in Japan. 


普段海で漕いでいるので標高が高いところで漕ぐのも新しい経験でした。フラットウォーターで他社の板と漕ぎ比べるとSICのX-seriesがどれだけいい性能の板かが分かります。

Paddling around the lake in high altitude was a new experience . The flat water really helped me notice how flawless and fast the X-series are. 

with Livio and Mr. Yamauchi

その後のOutdoor RetailerはSUPブランドのブースで盛り上がっていました。沢山の人との出会いがありアメリカのSUPのメディアの人たちも日本のSUPシーンに興味持ってくれていました。Sanukの仕事でORに来ていたアダムとも再会。展示会では朝から晩まで毎日無料でビールが配られていました!
昼間から皆ビールを飲みます



The following days at Outdoor Retailer was crazy. So many SUP brands and other innovative products. It was great getting to meet so many people and reuniting with my brother Adam who was there with Sanuk. 

今回の展示会ではSICに興味を持っているショップやディーラーの人たちが凄く多いなと感じました。このブランドのライダーとして活動できることに感謝です。

It was great to see so many people interested in SIC at the Open Water Demo and the show. The innovative designs by mark and what the guys at SIC has put together really made the brand stand out. 

今回のトリップでは沢山の習得がありました。今後アメリカ本土に行く機会が増えそうなので楽しみです!

All in all, this trip was a new experience and hopefully a first of many trips the Mainland USA. 

次は来週茅ケ崎で開催される世界戦です。沢山の世界レベルの選手が来日すると聞いているので彼らとどれぐらい戦えるか楽しみです!

Can’t wait back on the training regime though! Big race coming up next weekend and a chance to paddle against some of the worlds best in Japan. Should be exciting!

Paddle with Aloha,
Kenny


Sunday, August 3, 2014

California ▶︎ Utah



Californiaでの4日間の滞在を終えました。
SICのX14 Pro
Dana Point Harborでの朝練

Huntington Beachの親友の家でスケート

SICのチームマネージャーのブローリーと@San Clemente

親友&ファミリーとの再会
ボスとのディナー
 カリフォルニアに来て一番思ったのはここはやっぱりサーフィンと同じく世界で一番SUPのレース&クルージングが盛り上がっていると感じました。

SUPサーフィンは正直ビーチブレークとサーフィン文化がある南カリフォルニアでは普及していませんがフィットネス、レクリエーションとレースの練習をしている人たちは沢山います。

日本で良く見かけるブランドの板は全く無くこっちではSICはもちろん、404, Riviera, BarkやInfinityの板が沢山あります。ショップの人たちに聞いてもこれらのブランドの板がカリフォルニアでは大人気だそうです。

カリフォルニアはハワイと違いますが今回久しぶりに来て住みやすいしいいところだなーと思いました。

そして今日は今週一週間開催される世界一のアウトドアスポーツ展示会、Outdoor Retailerの為にSalt Lake City, Utahへ移動しました。Utahは人生初ですが凄く広く「THE AMERICA」って感じです。山と自然があり道も広い。モルモン教の白人がほとんどのこの町は凄く治安が良く優しい人が多い気がします。

夜はUtah州立大学の近くにある有名なPizza屋へ行きました。かなりいい感じの内装で激混み。ピザは期待を裏切らず美味しかったです。



明日から練習再開!痛めていた肩と腰も痛みが引いたので漕ぐのが楽しみです!

Paddle with Aloha,
Kenny